申請するには

印鑑登録イメージ

印鑑の素材や書体、文字の配置などまでこだわり抜いてこれぞという納得の印鑑が出来たとしても、印鑑登録できなければ実印として使う事は出来ません。印鑑登録について少しご紹介しましょう。

印鑑登録は現在住民登録してある自治体に申請することができ、手続きそのものは決して難しくありません。必要なものは、まず登録する印鑑です。
これは印影の1遍の長さが8mm~25mmの正方形の中に入る大きさのもので、氏名をあらわしているもの基本的には姓名ですが、女性の方には名前のみで登録される方もいます。ゴムなどの変形しやすい材質や印影が不鮮明なものは登録することができませんから注意が必要です。

原則として、日本在住の15歳以上の方が登録することができ、外国人の方は外国人登録法による登録を受けていることが条件になります。

住民登録してある自治体に、条件にあった実印、免許証やパスポートなどの身分を証明できるもの、それと若干登録費用が掛かりますので現金を持参します。

申請方法は、自治体で用意している申請書に必要事項を記入の上、持参した実印、身分証とともに窓口に提出します。
申請が受理されれば、印鑑登録証というカードが交付され、これで印鑑登録は完了です。
この印鑑登録証カードがあれば、実印を持参しなくても印鑑証明書を発行してもらうことができます。

代理人であっても委任状なしで印鑑証明書を発行してもらえますので、非常に便利です。
また、銀行印も実印も認印も、一応共通させることは可能ですが悪用されると大変な事になりますので、保管には十分気をつけましょう。

ページの先頭へ