銀行で使う印鑑

銀行印イメージ

実印の他にも重要な印鑑があります。銀行印の事です。

文字通り、銀行や金融機関の口座を作る際に本人確認を行うために使われる印鑑の事です。
最近はATMの普及もあって一般にはあまり使用されなくなりましたが、昔は銀行の窓口でお金を引き出す際に本人証明として使っていました。

最近では高齢者を狙った振り込め詐欺の被害を減らすため、高額の振り込みがATMでは出来ないようになりましたので、仕送りを送金している家族の方などは使用機会が増えているようです。

この銀行印も、基本的には手彫りの判子を使うのが原則とされています。
認印での登録も可能ですが、偽造しやすい既製品や大量生産品を使うのはトラブルの元となるため、銀行印を作る際は手彫りの判子で登録するよう勧められているのです。

銀行印が多く使われるのは、銀行等の各種金融機関や民営化された郵便局等です。
行政の範囲外での金銭の取り扱いの際は銀行印を使う事になります。
実印と同様、持ち主の特定がしやすいように、作る際には名字だけでなく名前も一緒に彫っておくとより一層偽造の心配が少なくなります。

銀行印と通帳さえあれば誰でもお金を引き出すことが出来てしまいますので、盗難にあった場合を想定して保管すると良いでしょう。
自分で使用する際には同じ場所に保管していた方が紛失等の恐れが減りますから、同じ場所に一緒に保管している方も多いようですが、通帳と銀行印は別の場所に保管するようにした方が良いでしょう。

ページの先頭へ