朱肉も忘れずに

朱肉イメージ

最近はインクが内蔵されたシャチハタ印鑑が大人気です。
社会人の方でシャチハタを知らない方はいないと思います。

わざわざ朱肉を持ち運ぶ必要がないので、持ち歩き用の1本としてシャチハタを選ぶ方も多いのではないでしょうか。
各家庭においても、宅配便の受領時や、回覧板の閲覧時に気軽に捺印することが出来るので、大変重宝するものです。
一般企業の中でも、社員の認印としてシャチハタを使う人が大幅に増えています。

一方、法人印は重要な場面での使用が多いため、シャチハタスタイルの物を使っている会社はないでしょう。
シャチハタスタイルの印鑑は、使う場所や目的によっては制限があります。
公式な書類や重要書類には、シャチハタスタイルの使用は出来ません。

ゴム印であるため、経年劣化によって印影の変形などが生じる恐れがあるためです。
よって使用の際には従来通り朱肉が必要になります。法人の銀行印でも同じですね。

また個人でも実印や銀行印、そして認印を使用する場合は同様です。つまり、シャチハタスタイル以外は基本的に朱肉が必要となってきます。

役所や企業などでは朱肉が備え付けられていることが多いようです。
最近の朱肉は色付きが良くて乾きが早いなど、色々と改良を重ねて進化しているようです。

さほど使用頻度は高くないとはいえ、家庭でも1個は常備しておきたいものです。
値段も高価ではなく、携帯性も良いため、ビジネスマンならカバンに常に入れておくと良いでしょう。

ページの先頭へ